海外挙式でかかるお金はこれくらい

式でかかる基本的な費用

最初に、海外挙式にかかる基本的なものを取り上げて行きましょう。

まずは、式を挙げるにあたって絶対にかかる費用はこれらがあります。
式を挙げる会場の使用料や立ち会う牧師さんへの謝礼、海外で式を挙げるときに必要な結婚証明書の代金、その他には介添料や音楽の使用料、飾る用のお花の代金などという内容です。

次にいわゆるオプションとされるものにかかる費用です。
衣装代やブーケ代、ヘアメイク代や事前のエステ代が新郎新婦に直接かかわってくるものの代金に当たります。
また、参列者にお渡しするアルバム用の写真代やDVD代も当然新郎新婦持ちです。

その他の、二次会などのパーティー費用や現地の飲食代やお土産代などのさまざまな雑費を含めると、トータルして二百万円前後ぐらいと見ていっていいでしょう。

ドレスはどのくらいかかる?

花嫁さんからすると気になるのが、やはりウェディングドレスの費用ですよね。

これは、ざっくりと話すとレンタルか購入かで結構変わっていきます。
まずレンタルだと、これは国内で事前にレンタルしてという前提ですが、だいたい20~25万円ぐらいが平均的な金額ですね。
ただ、実際に式を挙げる式場以外でのレンタルというのは、持ち込み料というのが発生してしまうケースがあるので、気を付けておきましょう。

その反対に購入となると、倍以上の価格になってしまいます。
これはどういうことなのかというと、完全に自分のオリジナルのドレスを作れるという特別感は確かにあるのですが、思い切り新品になりますし、ましてや何から何まで指定するというフルオーダーだと余計にかかってしまいます。


シェアする

B!